モーターサイクル・ダイアリーズ

『モーターサイクル・ダイアリーズ』(Diarios de motocicleta)は映画。エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ(後の革命家チェ・ゲバラ)の若き日の南米旅行記『チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記』をもとに、ロバート・レッドフォードとヴァルテル・サレスらによって2004年に映画化された。ウルグアイ人の音楽家、ホルヘ・ドレクスレルによるこの映画の主題歌「河を渡って木立の中へ(Al Otro Lado del Río)」は、2005年にスペイン語ではじめてアカデミー歌曲賞を受賞した。

おすすめ情報

  • お客様のご希望・理想をご自宅に反映させることが私たちの仕事です。横浜 内装工事祐伸住建はお客様の希望をしっかりとお聞きした上で設計に入りますのでデザイン面や機能面の細かなこだわりもお話しいただければと思います。
  • 単身向けお部屋!福井市 リフォームファミリー向けお部屋も数多く揃えています!

作品概要

1952年、アルゼンチンのブエノスアイレスに住む医大生エルネストは、友人のアルベルト・グラナードと共に1台のバイク(ポデローサ号)にまたがり、12,000キロの南米旅行へ出かける。チリの最下層の鉱山労働者やペルーのハンセン病患者らと出会いなど、途中巻き起こるさまざまな出来事を通して、南米社会の現実を思い知らされる。後に革命家、キューバのゲリラ指導者となった若き日のチェ・ゲバラの生涯に大きく影響を及ぼした南米旅行を描いたロードムービー。アンデスの雪山やマチュピチュ遺跡、アマゾン川など、南米独特の風景や、時代背景の中でかかるタンゴやペレス・プラードのマンボなども印象的。
映画のラストに80歳を超えたアルベルト・グラナード本人が少しだけ登場する。また、アルベルト・グラナード自身が『モーターサイクル・ダイアリーズ』の撮影に同行し撮影風景を記録したメイキング・ドキュメンタリーの『トラベリング・ウィズ・ゲバラ』(2004)もある。

お気に入り

  • 豊田 注文住宅では、木のある生活を提案しております。また、エコ住宅も推奨しており、殆どが床暖房を完備しています。

トップページ

コンテンツ

関連コンテンツ

  • 元気、ワクワクを与えられるような存在でありたいという願いをもっています。福岡市西区 美容室をお探しの方は、是非【rocca】へおこし下さい。
  • 単身向けお部屋!福井市 リフォームファミリー向けお部屋も数多く揃えています!